赤ちゃんがパパ見知りするのはどうして?原因と対策

父親を見て嫌な顔をする赤ちゃん

子供が産まれて、ママのことはしっかりと認識していたとしても、パパのことまで認識するのはなかなか時間がかかります。

さらに認識してからも赤ちゃんがパパに抱っこされると泣いてしまうのは、どうしてなのでしょうか?赤ちゃんがパパ見知りする理由や対策方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

パパ見知りとは?

パパ見知りとは、それまで大丈夫だった赤ちゃんが、突然パパに抱っこされると泣き出してしまうようなことを言います。昨日まで大丈夫だったのに、突然泣くようになってしまうこともあるので、パパにとってはショックを隠せなくなります。

パパ見知り自体は、個人差があり出る子供もいれば出ない子供もいます。赤ちゃんがパパ見知りを起こしてしまう時期というのは、大体生後半年くらいからが多いといわれています。

それまでの赤ちゃんはあまり認識していない事がありますが、生後半年を過ぎたくらいで、周りを認識してくることによって、パパ見知りや人見知りが起こるようになります。

パパ見知りが起こる原因

パパ見知りはなぜ起こってしまうのでしょうか?パパ見知りが起こる原因は、ママをしっかりと認識してきたからです。パパにとって赤ちゃんに泣かれることは辛いのですが、パパ自身に問題があるわけではありません。

赤ちゃんの方がママのことをしっかりと認識し、ママ以外の人を拒否するような時期になります。こうなってしまうと、身近にいるパパでさえ泣くようになってしまいます。パパとしてはショックな時期ですが、ママにとってはとても大変な時期が始まるようになります。

パパ見知りはママとパパの違いがしっかりと付いてきていて、順調に成長している証拠でもあります。ママと毎日一緒に過ごす時間が多いので、パパよりもママのことを認識するのが早いということは当たりまえです。

その結果として、パパだけでなく他の人に対しても人見知りを発揮するようになります。

パパ見知りを無くすには?

自分の子供がパパ見知りを起こしてしまうと、パパとしては本当にショックですよね。しかし、赤ちゃんが人見知りをするということは、成長している証拠でもあります。

スポンサーリンク