緊張性迷路反射とは?赤ちゃんの原始反射のひとつ?

腕に乗った赤ちゃん

赤ちゃんの成長段階で起こる緊張性迷路反射というものを知っていますか?赤ちゃんは成長する過程において、色々な反射運動をするようになっています。

緊張性迷路反射も同様の反射になります。赤ちゃんの緊張性迷路反射とは一体どういったものなのか、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

緊張性迷路反射とは?

緊張性迷路反射とは、原始反射の1つになります。あかちゃんの 頭を傾けた時に、同時に体や手足が曲がる状態の反射のことを言います。これには前方型と後方型の2種類があります。

前方の緊張性迷路反射は、頭を前に傾けることで起こる反射のことを言います。頭を前に傾けると、体の緊張が低くなります。そうなると体がリラックスした状態になり、反射的に手足が曲がるようになります。

反対に後方の緊張性迷路反射は、頭を後ろに傾けることで起こる反射のことを言います。頭を後ろに傾けることにより、体の緊張状態は高まります。大人が背筋を伸ばした時と同じような状態です。

体の緊張状態が高まることで手足がグッと伸びるようになることを後方の緊張性迷路反射となります。

緊張性迷路反射はなぜ起こる?

赤ちゃんには緊張性迷路反射のような反射行為というものがたくさんあります。そういった反射行為のことを原始反射といいます。原始反射というのは、生まれた時から持っている能力のことです。

生まれたばかりの動物は、自分がどうやって立てばいいのか生まれた瞬間から知っていますよね。これは本能的に備わっている能力があるからこそできている行為なのです。

人間も同じように、生まれた時から自分の体に備わっていることがいくつかあります。実際にはお母さんに育ててもらうのですが、人間の中にも本能的に自分で起こる反射があります。それは、まだ筋肉が備わっておらず、自分の意思だけでなく生きていくために必要な機能とされています。

スポンサーリンク