いちご鼻から毛が生えてる!いちご鼻の黒ずみの原因はムダ毛なの?

いちごは可愛いフルーツですが、いちご鼻は全く可愛くないどころか不潔な印象を与えがちですよね。しかもよく見ると、産毛も生えている…なんて経験はありませんか?

どんなに一生懸命ケアをしても、いちご鼻を治すのは至難の業。そこで今回、いちご鼻で悩んでいる方のためにいちご鼻になる原因やいちご鼻の産毛について、処理の仕方など詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

いちご鼻ってどんなもの?

いちご鼻は、鼻の毛穴が黒ずみブツブツと目立つ状態のことを言います。まるで果物のいちごの表面に似ていることから名前が付けられました。

Tゾーンは顔の中でも皮脂腺が多く、黒ずみやすい部位ですので一度いちご鼻になってしまうと、なかなか改善が難しいのが現状です。

また、無理にいちご鼻を解消しようと、誤ったケアをしてしまうと悪化、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

鼻の黒ずみの原因とは

鼻の黒ずみ(いちご鼻)の原因として一般的に紹介されるのは以下の3つでしょう。

  1. 毛穴の汚れ
  2. 角栓のつまり
  3. メラニンによる黒ずみ

皮脂の分泌量が多い場合や毛穴が広がっていまっている場合には、ほこりや皮脂、古い角質、落としきれなかったメイクなどが毛穴につまり黒ずみとなりますし、ザラザラしてしまっている場合には角栓が詰まってしまっていると想定できますし、日ごろから肌トラブルが多い場合、肌のバリア機能が弱まり、ただでさえ毛穴の周辺にはメラニンを作る細胞があるためにメラニンが増え、黒ずんで見えている可能性もあります。

ご紹介した3つともあり得ますし、どのメディアでも話を聞くと思いますが、鼻の黒ずみ(いちご鼻)になる原因はこの3つだけではないのです!鼻の黒ずみの最大の原因は『角質に詰まる産毛』だったのです。

産毛が原因で黒ずみ発生?

まさか産毛が原因で鼻が黒ずんで見えるなんて、驚きですよね…。でも実際、鏡で顔をじっくり見てみると確かに毛穴から産毛が生えていませんか?よほどの方でない限り、生えているはずです(笑)

しかも鼻の毛穴は比較的大きいため、意外とそこから生える毛も短いわりに太くて黒い場合がほとんどです。まあ、毛穴が広ければ広いほど、生える毛も太いですからね。

また、毛穴1つにつき産毛1本とは限りませんので、束になっていればいるほど目立ちやすいですし、肌が白い人ほど黒い毛は目につきますよね。

メイクでも隠すことが出来ないですからね、見つけてしまった方は気にされるのも当然です。

鼻の産毛を処理するメリット

黒ずみ解消

鼻の産毛の黒色がダイレクトに黒ずみとして見えてしまう他にも、鼻の産毛によって皮脂や汚れを絡みあって毛穴を詰まらせてしまうこともあるのです。

ですから鼻の産毛を処理することで、鼻の黒ずみの原因の多くを解消することが出来るのです。また、毛穴も引き締まりますから綺麗な毛穴を目指すことが可能になります。

透明感アップ

黒ずみの解消だけでなく、透明感もアップします。されど産毛とお思いかもしれませんが、産毛の塊を集めると茶色や灰色をした塊になるんですよね。

ですから透明感がアップするのは、当然のことです。

化粧ノリが良くなる

鼻の産毛を処理することで、ファンデーションのノリがとても良くなります。ノリだけでなく密着力も高くなるため、メイク持ちも良く崩れにくくなります。

肌が綺麗に見えるので、多くのモデルさんやアイドルの方なども気にして処理をしているようです。

基礎化粧品の浸透力がアップ

もともと毛は皮膚を守るために生えていますから、化粧水などの基礎化粧品も産毛があることで若干入り込みにくいものです。

ですから産毛を処理すると、スムーズに肌の奥へ成分が浸透することができ、肌トラブルや乾燥肌などの対策に有効です。

近距離が怖くない

ムダ毛が生えていると、顔をじっと見られたり近距離での会話って緊張しますよね…。しかも鼻の毛となると尚更、気になることでしょう。

そういうときって話にも集中できないですからね。鼻の産毛を処理することで近距離でも自信を持って対話できるようになりますよ。

こんな鼻の産毛処理はNG

鼻の産毛、今まで意識したことがない方からすれば、どう処理をしていいのか分からなくて当然ですよね。

まずはやってはいけない鼻の産毛処理法をご紹介します。

毛抜きで抜く

毛抜きは、細かい部分の毛抜きにとても便利ですよね。ですが、絶対にやめてくださいね!知らずに毛抜きを使い続けて後悔している方が五万といますからね。

毛抜きは、毛根から抜きさるため毛の処理として考えれば優秀です!ですが、肌への負担がかなり大きく、結果毛穴を大きくしてしまうのです。

毛穴が大きくなればなるほど、次に生えてきた毛は太く剛毛ですから、絶対にやってはいけません!

角栓を抜く・押し出す

ドラックストアなどでも多くの角栓処理アイテムが販売されていますよね。特に知名度が高いといえば角栓パックでしょう。

スポンサーリンク