体毛が濃いのは遺伝が原因!?毛深い原因と体毛を薄くする方法

顔も身長も親の遺伝が関係すると言われますが、体毛はどうなのでしょうか?遺伝だとしても遺伝でないとしても、体毛が濃いと悩んでいる女性は多いですし、濃くなる原因は知っておきたいですよね。

そこで今回は体毛が濃いのは遺伝なのか悩んでいる女性へ、体毛の濃さは遺伝するのか、体毛が濃くなる原因、体毛を薄くする方法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

体毛の濃さは遺伝する?

まず、体毛の濃さが遺伝するのかどうかからお話していきましょう。

詳しい仕組みまでは解明されていないですが、研究結果によると両親や親のどちらかが毛深い体質の場合、子供も毛が濃くなるということが分かっています。また、両親だけでなく、祖父母の影響を受けて濃くなるケースもあります。

赤ちゃんや乳幼児の頃は、体毛が濃く残っている時期がありますので、濃くても普通なのですが、10代半ばや大人になっても濃い状態が続くのであれば遺伝により毛深い体質であると判断しても良いでしょう。

ただし、大人になってから急に毛が濃くなった場合は、遺伝ではなく他の原因により毛が急激に毛深くなったと考えられます。

体毛を濃くする原因5選

体毛は、身体の温度を保ったり、皮膚の保護、紫外線を防止するなど、私たちの身体を守ってくれる役割を担ってくれているわけですが、出来ればこれ以上濃くなってほしくないと願いますよね。

遺伝以外の体毛を濃くする原因をご紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

体毛が女性よりも男性に多いのは、男性ホルモンの影響によるものです。逆に女性は、男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が優位にあるので、男性と女性の身体はあそこまで異なるわけです。

ですが、女性にも微量ながらも男性ホルモンが作られていますから、女性の体内の中で女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増えると体毛が濃くなってしまうことがあるのです。

よく50代前後になってから体毛が濃くなったという話を聞きますが、これは更年期によって女性ホルモンの分泌が減り、相対的に男性ホルモンの量が増えたことが原因だと言われています。

ムダ毛の自己処理

多くの女性が1日~3日程度に1回はカミソリや毛抜きを使っていることでしょう。学校や仕事へ行くのにムダ毛が生えていては恥ずかしいですからね。ですが、この自己処理が毛を濃くしている原因の一つなのです…。

毛は私たちの身体を守るために生えますよね!カミソリや毛向きは痛みを感じていなくても肌へダメージを与える行為です。

肌はそのダメージを感じ取り、肌を外部の刺激から守るために毛を濃く、太く、多くし、知らず知らずに身体を守ろうと働きかけているのです。

栄養バランスの偏り

人間の身体は、食べたもので作られると言っても過言ではないです。

そして食べた物の食品ごとに男性ホルモンを増やす効果が期待できるものや、女性ホルモンを増やす効果が期待できる食品もありますので、栄養バランスが偏った食事を続けている人は、体毛を濃くしている恐れがあります。

身体の冷え

身体が冷えると自律神経が乱れ、ホルモンバランスを崩す原因になりますし、下半身の冷えは卵巣や子宮などの女性器に関わり、女性ホルモンがうまく作りだされなくなる危険性があります。

過剰なダイエット

ダイエットで食事制限などをしてしまうと、栄養バランスが偏ったり1日に必要な栄養素を摂取することが出来ずホルモンが乱れていきます。

それに加えダイエットにより急激に脂肪を落とした場合、生理不順や無月経になりやすくなり、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。

体毛を薄くしたいならやるべきこと

体毛を濃くする原因を理解して実践しつつ、体毛を薄くする努力を積み重ねれば、いくら遺伝だとしても努力でカバーが出来るはずです♪

ムダ毛の処理の間隔を空ける

出来ることならば、脱毛サロンへ通って処理をするのが確実で手っ取り早いですが、それが難しい方は自己処理の間隔を今までよりも空けるようにしましょう。

また自分で処理をするにしても、出来るだけ肌へのダメージが優しい方法で処理するだとか、処理後のケアを重点的に行うなどの配慮がしましょう。

女性ホルモンを増やす食材を摂ろう

バランスの良い食事が大前提ですが、それにプラスで女性ホルモンを増やす食材を積極的に摂取して補いましょう。

女性ホルモンを増やす食材は、豆腐・納豆・かぼちゃ・ナッツ類・キャベツ・青魚などが代表的なものです。

スポンサーリンク