バストアップサロンで行われているコース内容とは?効果はあるの?

人気上昇中のバストアップサロンに興味はあるものの、一体どんなことをしているのか気になりませんか?

サロンでの施術内容は、お店によってさまざまです。手を使ったマッサージをおこなっているお店もあれば、マシンを使ってバストに刺激を与えるお店もあります。

そこで、バストアップサロンでおこなわれている施術の内容と、その効果についてご紹介しましょう。サロン選びの参考にご活用くださいね。

スポンサーリンク

手技

サロンの広告で、しばしば「オールハンド」というように表現されているのが手技、人の手でマッサージをする方法です。

マッサージと一言にいっても色々なやり方があります。サロンによって、いくつかのマッサージ手法を混ぜあわせておこなっているところもあるので、気になるお店がどんなマッサージを取り入れているのかチェックしてみましょう。

乳腺マッサージ

バスト内部に張り巡らされている乳腺を刺激する方法です。乳腺が育つと周りを取り囲む脂肪細胞も増えるので、バストのサイズもアップするのですが、老廃物などがたまってくると乳腺が詰まってしまいます。

乳腺マッサージでは手で刺激を与えることで乳腺の詰まりを取って流れをよくし、成長しやすくします。

リンパマッサージ

リンパとは、皮膚のすぐ下を流れている体液で、新陳代謝を通じて出てくる老廃物や毒素などを運搬して体から排出する働きがあります。リンパマッサージでは、リンパ節を刺激しながらマッサージをおこないます。

リンパ節とは、リンパが流れる途中にある駅のようなもので、細菌など体にとって有害なものがリンパの中に入っていないかを調べ、老廃物の排出を促す免疫器官のこと。マッサージで刺激をすることで、免疫力を高めて、リンパが流れやすい状態にします。

体整形マッサージ

バストアップマッサージは、ボディメイクの一環としてもおこなわれます。その一つが体整形です。

バストの多くは脂肪細胞でできているのですが、脂肪細胞は移動しやすい性質を持っています。そこで、背中やわき腹、下腹部といったバストに近い部分の脂肪細胞をバストへと流すマッサージをおこないます。

脂肪細胞はすぐに動くわけではありませんが、何度も繰り返すことで徐々に動いていき、バストの一部へ変わっていきます。

体整形マッサージでは、バストが大きくなるだけでなく、脂肪の移動元が引き締められるという効果もあります。ボディケアを考えるならおすすめの施術ですよ。

メリット

スタッフが直接手でマッサージするので、バストの形に合わせて手を動かせるため、バストのカーブなど細かな部分にも優しく対応が可能です。

また、人肌の温もりが伝わってくるので、リラックス効果も得られます。

デメリット

スタッフが直接肌に触れるので、人に触られるのが苦手な人は、緊張してしまうかもしれません。慣れてしまうと、その心地よさにハマってしまうかもしれませんよ。

光豊胸マシン

マシンを使っているサロンの主流となっているのが光豊胸です。光豊胸とは、脂肪細胞に膨らみを持たせる光を、バストに照射する方法です。

ダイエットを気にする女性にとっては脂肪細胞は天敵ですが、バストにとって脂肪細胞は大きな味方。そこで、特殊な光を使って脂肪細胞に刺激を与えて大きくするのです。

この光は温もりがあるため、照射によってバストへ温熱効果を与えることもできます。バストが温まることで血行が促進され、乳腺を成長させる女性ホルモンの分泌量も増えます。

さらに、バストを支えている筋肉やクーパー靭帯にも作用するため、バストの位置が高くなったり、形が整ったバストへと変わっていきます。

メリット

温もりある光を照射するので、体が冷えがちな人の冷え症改善にもおすすめです。光照射は痛みが無いため、楽に施術を受けられます。

デメリット

照射する光は脂肪細胞に働きかける作用があるため、脂肪細胞が少ないやせ形の人は効果が表れにくくなります。

また、照射してすぐに効果が出るのではなく、しばらく通って初めて効果を実感する肩が多いようです。

SPMバストドレナージュ

ドレナージュとは動かし流すことを意味します。SPMバストドレナージュでは、背中やわき腹、お腹といったバスト近くの脂肪細胞をマシンで刺激して、バストの部分へと移動させるケアがおこなわれます。

メリット

吸引しながら脂肪細胞を移動させるので、バストアップに伴って移動元が細くなります。

また、脂肪細胞に刺激を与えながらの施術となるため、同時にリンパなども刺激され血液やリンパの流れが良くなります。ホルモンンも分泌されやすくなるので、相乗的なバストアップが見込めます。

デメリット

脂肪細胞を移動させるバストアップ法なので、下から痩せていた人や上半身の脂肪細胞が少ない人は効果が出にくくなってしまいます。

また、マシンでは、脂肪細胞を吸引しながら動かしていくので、痛みはないもののお肌が変な感覚になることがあります。

EMSマシン

EMSといえば、微弱電波のことで、少し前には、腹筋を鍛えるマシンが話題になりました。EMSマシンからは高周波や低周波といった波長の違う電波が出ており、マシンをお肌にあてることで、体の奥深くにある筋肉に刺激を与えます。

腹筋を鍛えるマシンに使用されていたのは、腹筋に働きかけて引き締めるからですが、バストに対しても効果が見られます。

スポンサーリンク