バストアップサプリメントはいきなりやめるとダメ?影響はあるの?

バストアップサプリメントを飲んでいる間はバストが大きくても、飲むのをやめた途端に小さくなり始めて元のサイズに戻ったという噂を聞いたことはありませんか。

実は、この噂は事実で、商品によっては、飲むのをやめてしばらくするとバストが小さくなることがあるようです。

では、サプリメントを飲むのをやめると、どうしてすぐにバストが小さくなるのでしょうか、その理由を探ってみましょう。

また、サプリメントの中には、飲むのをやめても急激に小さくならない商品もあるので、併せてご紹介いたします。

スポンサーリンク

サプリメントをやめたらバストが小さくなる理由とは?

バストアップサプリメントを継続して飲み続けていると、少しずつバストが大きくなるのを実感しますよね。

飲み始めてすぐは、バストが大きくなるか不安だった人も、2ヶ月や3ヶ月ほど飲み続けると、カップ数が上がったり、バスト自体の弾力やハリを感じたりするのではないでしょうか。

ところが、初めのうちはバストアップに励んでいた人も、ある程度バストのサイズに納得してくると、だんだんとサプリメントを飲むのを忘れてしまうのではないでしょうか。実は、ここにバストがサイズダウンしてしまう落とし穴があるのです。

バストサイズが大きくなるメカニズム

サプリメントをやめたときにバストサイズがダウンしてしまう理由を分かりやすくするために、まずは、どうしてバストが大きくなるのか、そのメカニズムについてご紹介しましょう。

バストは乳腺と脂肪細胞とでできている

女性のバストは、主に乳腺と脂肪細胞が集まってできています。イメージしやすくすると、バストの中では、木の幹のように乳腺が張り巡らされていて、葉のように脂肪細胞が存在しています。

それぞれの感触は変わっていて、手で優しくバストを触った時に、少し硬い筋のような部位が乳腺、柔らかな部位が脂肪細胞となっています。

エストロゲンはバストアップに必須のホルモン

それでは、バストを作り上げているものが乳腺と脂肪細胞だとすると、バストを大きくするにはどうすればいいのでしょうか。

そう、乳腺や脂肪細胞の数を増やしたり、それ自体を成長させたりして大きくすることが肝心です。乳腺が大きくなると、脂肪細胞も同時に増えますし、バスト全体も大きくなります。

そして、乳腺や脂肪細胞を成長させるには、女性ホルモンの働きが不可欠です。特に、エストロゲンという女性ホルモンは、バストの発達を促す働きがあり、分泌量が増えると乳腺やお乳が通る乳管、脂肪細胞を大きく成長させます。

エストロゲンの分泌量は限られている

このように、バストを大きくするには、エストロゲンの分泌が不可欠ですが、エストロゲンは体内で無限に分泌されるものではありません。

しかも、体調不良になったり、ストレスがたまったりするとエストロゲンの分泌量は減ってしまうのです。

サプリメントでバストアップする理由とは

このように、エストロゲンの分泌量が減ってしまうと、バストの成長もストップしてしまいます。そこで、この状況を打破できるのが、バストアップ専用に作られたサプリメントです。

サプリメントを飲むとバストが大きくなる理由は、大きく分けて2つあります。1つ目は、成分そのものにホルモン様作用があること。

もう1つは、体の新陳代謝が良くなって、自然にバストが大きくなることです。それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

ホルモン様作用がある成分によるバストアップ効果

バストアップサプリメントに含まれている成分の中には、その成分自体がエストロゲンと似た働きをするものがあります。

本来であれば、エストロゲンそのものを成分として配合できるのが一番良いのですが、エストロゲンは、人の体内で生成されるホルモンであり、例えば、植物や肉類などからエストロゲンそのものを抽出することはできません。

そこで、サプリメントにはエストロゲンではないものの、似た働きをする成分を使って、バストアップを促しています。

新陳代謝を高めてエストロゲンの分泌を増やす成分

エストロゲンと似た働きをする成分がある一方で、エストロゲンとは直接関係ないものの、体の状態を整えて新陳代謝を高める成分もあります。

バストアップには十分なエストロゲンが必要なことは先ほどお話した通りですが、エストロゲンの分泌量を増やすためには、健康状態でなければなりません。

サプリメントを飲んで、不足しがちな栄養素をプラスして健康に導くことで、新陳代謝を高めます。新陳代謝がよくなって、細胞が活発に動き出すようになると、ホルモンバランスも正常に整ってくるため、エストロゲンの分泌量も増えてくるのです。

このように、サプリメントを飲んでバストアップする理由は、ホルモンに似た働きをする成分によるものと、栄養バランスが整うことで新陳代謝が良くなりエストロゲンが分泌されやすくなることが挙げられます。

では、具体的にはどんな成分が当てはまるのでしょうか。

エストロゲンと似た働きをする代表的な成分

プエラリア

市販されているサプリメントの中でも、特にバストアップ効果が高く、即効性があるといわれているのがプエラリアです。パッケージには「プエラリア」や「プエラリア・ミリフィカ」という成分表記がされています。

「プエラリア」とは、「プエラリア・ミリフィカ」を含む総称ですが、特に成分的に優れているのが「プエラリア・ミリフィカ」と言われています。

では、どうしてプエラリアが注目されているのでしょうか。それは、根に含まれるプエラリンの働きです。

プエラリンには、植物性エストロゲンの性質を持っていて、体内で作られるエストロゲンそのものではありませんが、体内に取り込まれることで、エストロゲンと似た働きをします。

スポンサーリンク