バストアップマッサージでバストが大きくなる3つの理由とは

マッサージをするとバストアップしたり形がきれいになったりすると聞いたことはあるけれど、本当に効果があるの?と、疑問に思っていませんか。

また、バストアップのために一生懸命マッサージをしていてもなかなか大きくならず、悩んではいませんでしょうか。

本当に効果があるバストアップマッサージをするには、どうしてマッサージによってバストが大きくなるのか、その原理や理由を知っておく必要があります。理由がわかることで、より効果的にマッサージすることができますよ。

スポンサーリンク

バストはどうやったら大きくなるの?

バストアップといえば、マッサージが定番化していますが、その理由は大きく分けて3つあります。

  • 乳腺を発達させること
  • バストの成長のための栄養が届くこと
  • ムダなお肉がバストに移ること

そもそもバストの大部分は乳腺と脂肪細胞で作られていて、乳腺や脂肪細胞に栄養が届くことで、乳腺は発達を続けて大きくなります。

さらに、広範囲にわたってマッサージをすることで、背中やわき腹といったバスト周辺にある脂肪細胞をバストへと移動させてバストアップができるのです。

そうはいっても、これらのバストアップのメカニズムは、短い言葉ではなかなか分かりにくいですよね。そこで、これらの理由について詳しく見ていきましょう。

乳腺が発達すること

バストが大きくなる一番の理由は、バストを作っている乳腺が発達してたっぷりの脂肪細胞がつくことです。

そもそも、バストのおよそ9割は脂肪細胞、1割は乳腺で組織されているといわれています。そして、乳腺の発達が進むことで脂肪細胞も徐々に増えていき、サイズが大きくなるのです。

思春期からバストが大きくなるのは女性ホルモンの働き

ところで、子供の頃は男女問わず胸は平坦ですが、思春期頃から女の子は徐々にバストが大きくなってきますよね。

思春期といえば、大人になるための体作りが進んでいくため、ホルモンバランスも子供の頃とは変わってきます。そう、バストを大きくするのには、思春期頃から分泌量が増える女性ホルモンがカギを握っているのです。

エストロゲンが乳腺を育てる

女性ホルモンとは、体から分泌される性ホルモンのことで、女性独特のふっくらとした体形や月経などの周期を司る働きがあります。女性ホルモンの中でも、特に乳腺の発達と関連しているのが、エストロゲンです。

エストロゲンは卵巣内にある卵胞から分泌される女性ホルモンで、乳腺を発達させ、子宮内膜を増殖して妊娠しやすい体に整えます。

エストロゲンの分泌量は20代がピーク

エストロゲンは小さなうちは分泌されないのですが、8歳ころになると卵巣での分泌が始まります。そして、思春期になると一気に分泌量がふえてバストが大きくなり、ウエストやヒップにも脂肪がついてふっくらとし始めます。

20代になると、エストロゲンの分泌はピークを迎え、月経も周期的にくるようになります。反対に30代、40代と年齢を重ねることで、徐々に分泌量が減っていきます。

エストロゲンを増やすにはマッサージが効果的

エストロゲンの分泌量が減ると、バストも小さくなってしまいます。そこで、乳腺マッサージの出番です。マッサージをすることで、乳腺に刺激を与えて活性化できるのです。

また、乳腺の刺激は、脳下垂体を通じて卵巣にも届き、エストロゲンの分泌量も増やすことができます。

まとめると、マッサージには、乳腺への刺激とエストロゲンの分泌量増という2つの作用があるということです。

乳腺が発達すると、脂肪も増える

ところで、マッサージの効果は乳腺だけでなく脂肪にももたらされます。バストの脂肪細胞は、ウエストやヒップといった、体の他の部位とは違って、乳腺の近くにたくさんついています。

では、どうして乳腺の近くに脂肪細胞がたくさんついているのでしょうか。それは、脂肪細胞には乳腺を守る働きがあるからです。そのため、乳腺が発達するほど乳腺を守ろうとして脂肪細胞は増えていきます。

マッサージで乳腺を刺激すると脂肪細胞にも働きかけてバストが大きくなるというわけですね。

血行が良くなり栄養が行き届きやすくなる

マッサージの効果は血行ともかかわっています。普段から日常的に運動している人であれば、筋力もあるので血行に悩む方は少ないのではないでしょうか。

反対に、普段の運動が足りていない方や運動不足に陥っている方は、冷え症や血行の悪さに悩んでいませんか?また、姿勢が悪くて猫背になっている方も上半身の血行が悪い方が多いようです。

血行が悪いとどうなる?

血液は全身を流れていることはご存知と思いますが、血液の中には食事からとった栄養や体から分泌されたホルモンが含まれていて、全身の各所に運ばれています。

その血液の流れが悪くなるとどうなると思いますか?そう、栄養やホルモンが運ばれにくくなって、結果として体外へ排出されていきます。

スポンサーリンク