正しい姿勢でバストアップ!姿勢矯正におすすめの3つのストレッチ

姿勢の悪さや骨格のゆがみはバストに影響するとご存知でしょうか。綺麗な姿勢を保つには、大胸筋と背筋とのバランスが取れていますが、そのバランスが崩れることで姿勢が悪くなってしまいます。

中でも、猫背は大きなバストを小さく見せてしまう効果もあるくらい、バストに影響しています。本記事では、姿勢とバストへの影響と、姿勢を良くするストレッチをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

あなたの姿勢は大丈夫?猫背になっていない?

毎日の生活を振り返ってみて、綺麗な姿勢は保てていますか?デスクワークについている人であればPCに向かう時間が長いため、つい目線が下向きになって猫背になってしまいがちです。

背が高い人も、生活の中で建物のドアを通るときや乗り物に乗る際に身体をかがめることが多いため、気付かないうちに猫背になっていることも。

また、運動不足が続いたり、加齢によって筋力が低下したりすることも猫背を引き起こす原因になってしまいます。

このように、日々の生活の中では猫背になる原因がいくつも潜んでいます。だからこそ、意識して姿勢を綺麗にする必要があるのです。

猫背がバストのサイズダウンや垂れを引き起こす

では、どうして猫背になるとバストが小さく見えたり、バストのサイズダウンを引き起こすのでしょうか。その原因は、筋力の低下とこれに伴う血行不良が原因です。

筋力の低下

筋力のお話をする前に、一度、胸を張った状態と、力を抜いた状態を比べてみてください。

胸を張った状態では、大胸筋がぐっと開いて、胸が大きく見えますよね。その反面、力を抜いた状態だと肩が前に出て、胸が中に引っ込んで、小さく見えませんか。

大胸筋とバストの関係

これは極端な例ですが、胸を張った状態というのは大胸筋が発達して活動している状態をさします。胸がぐっと上にあがって、前向きになっているのではないでしょうか。

その点、力を抜いている状態は、いわば猫背の状態です。大胸筋が衰えて背筋の力の方が強くなるため、胸が内側に入り、小さく見えてしまうのです。

筋力のバランスが悪くなるとバストの形も悪くなる

姿勢が良い状態というのは、大胸筋や小胸筋といったバスト前面の筋肉と、背後にある背筋とのバランスが取れている状態を意味します。ところが、姿勢が悪くなると大胸筋の力が弱くなってしまい、バストを支えきれません。

また、肋骨から肩にかけて伸びる小胸筋にはバストを引き上げて支える働きがあるのですが、筋力が衰えることで、バストを支えきれず下向きに、そして垂れさせてしまうのです。

血行不良

猫背とは、まるで猫のように丸まった背中のことをいいますが、このような姿勢になるとバストを内に隠すように肩が丸まって内側に入ってしまいます。

この状態では、大胸筋をはじめとするバストの筋肉の動きが悪くなり、肩周りの筋肉も伸びきって筋力が低下してしまいます。

血行不良では栄養が届かない

筋肉は収縮することでポンプの役割を果たしていて、血液の循環を作り出すのですが、筋力が低下することで、血の巡りが悪くなるのです。

血液にはバストを発達させるもととなる栄養やホルモンが含まれているのですが、血行が悪くなると十分な栄養やホルモンがバストに届かなくなってしまいます。

そのため、乳腺が発達しにくくなったり、脂肪細胞に栄養が行き届かなくなったりして、結果的にバストの成長が止まってしまいます。

血行不良による冷えもサイズダウンに

しかも、血行不良が続くと体温が下がることから、冷え症を引き起こしてしまいます。体が冷えた状態が続くと、より一層血行不良が深刻化して、さらなるバストのサイズダウンを引き起こすのです。

バストアップには姿勢矯正

姿勢が悪くなるとバストが小さくなったり垂れてしまう原因は分かりましたでしょうか。バストアップには良い姿勢が大切ですよね。

ですが、普段から綺麗な姿勢を心がけたり、また、悪くなってしまった姿勢を治すのは大変ですよね。

姿勢を治すには整骨院?

歪んでしまった骨格や姿勢を治すには整骨院に通えばいいともいわれますが、仕事が忙しいと通っている時間もないかもしれません。また、近くに整骨院がない方もいるでしょう。

スポンサーリンク