乳腺を刺激できるリンパマッサージで目指せ5cmバストアップ!

最近は、バストアップ専門のエステティックサロンも増えてきました。サロンで行われているバストケアにはいろいろと種類がありますが、その中でもよく取り入れられているのがリンパマッサージです。

リンパマッサージというとプロの技?というイメージもありますが、自宅でできる簡単な方法もあります。生活にうまく取り入れて、5cmバストアップを目指しましょう。

スポンサーリンク

リンパの流れが体を作る

リンパマッサージとは、体の中を流れているリンパ液の流れをよくするためのマッサージです。そのやり方をお伝えする前に、リンパとは一体何かを知っておきましょう。

リンパとは

リンパとは、体の中を流れている体液のことです。体の中に流れているものといえば、血液を思い浮かべますよね。

血液は、酸素や栄養分などを乗せて体内を巡りますが、リンパ液は、体の中に溜まった毒素や、細胞の新陳代謝で出てきた老廃物を乗せて体内を巡り排出させる働きがあります。

リンパの流れが悪くなると

普通であれば、体の中をスムーズに流れるリンパですが、冷え症や生活リズムの乱れ、ストレスがたまったり体調が悪くなったりすると、流れが悪くなってしまいます。

また、リンパの流れは筋肉の動きでも作り出されているので、運動不足が続くと筋肉の動きが悪くなり結果としてリンパの流れも悪くなってしまうのです。

流れが悪い状態をそのままで放置しておくと、体の中に老廃物がたまってしまいます。その結果、疲れやすくなったりむくみが生じたりと体に影響が出てしまうこともあるので、人為的にマッサージをして刺激を与えリンパの流れを良くしなければなりません。

バストにもリンパは巡っている

体にとって不要なものを流し出すリンパですが、全身をくまなく巡っていて、もちろんバストにも流れています。そのバストを作っているのは乳腺と脂肪細胞です。

乳腺はバストの1割、脂肪細胞は9割を占めているといわれていますが、乳腺が発達することで、脂肪細胞も増える関係にあります。

リンパの流れを良くできるように刺激することで、バストの老廃物も排出されて乳腺も発達しやすくなるのです。

ですが、乳腺や乳腺近くに老廃物がたまっていると詰まってしまってスムーズに発達できず、結果的にバストが小さくなってしまいます。そこで行いたいのがリンパマッサージです。

乳腺刺激ならリンパマッサージ

バスト部分のリンパマッサージをおこなうことで、バストに溜まった老廃物や体から出てきた毒素を排出させられるので、乳腺の発達も妨げられなくなります。

また、リンパマッサージは体に直接圧をかけておこなうため、リンパへの刺激だけでなく乳腺へもダイレクトに刺激を与えることができます。そのため、乳腺自体のつまりも解消することができて、より乳腺を発達させやすくできるのです。

リンパの流れが良くなると…

リンパマッサージをしてリンパの流れが良くなると、老廃物が体から出やすくなる分、血液の流れも良くなります。

その結果、乳腺や脂肪細胞へも栄養がきちんと届くようになるので、リンパマッサージを継続しておこなうことでバストアップにつながっていきます。

リンパマッサージでバストの形も良くなる

リンパマッサージの効果は、バストのリンパの流れを良くすることだけではありません。バストの形に添ってマッサージをおこなうので、お肌の細胞も刺激されてハリが良くなり、バストの形も良くなっていきます。

リンパマッサージをする前に

リンパマッサージでは、リンパの流れを改善することができますが、その前に、リンパが流れる途中にある「駅」の役割を果たす「リンパ節」をほぐして、老廃物や毒素が体から出やすい状態にしておくことがあります。

リンパ節は、体の各部にあります。

鎖骨部

場所

鎖骨と首との間にある「くぼみ」の部分にあるリンパ節です。

ほぐし方

  1. 人差し指に中指を添えて、くぼみの部分を上から優しくプッシュします。
  2. 左右ともに5回ずつ行いましょう。

腋窩部(えきかぶ)

場所

ワキの下にあるリンパ節です。

ほぐし方

  1. 人差し指と中指をそろえて、ワキのくぼみを押してもみます。
  2. ワキから胴体側をめがけて内側に指を押し込むようにして揉みほぐします。
  3. ワキの前面からデコルテ部分にかけて指先で円を描くようにほぐします。

※強い力でおこなうと、乳腺や乳腺を支えているクーパー靭帯を傷めてしまうので、3の段階では優しくおこないましょう。

鼠蹊部(そけいぶ)

場所

足の付け根。股関節の内側のくぼみにあるリンパ節です。

ほぐし方

  1. 人差し指と中指をそろえて、足の付け根のくぼみに指を当てます。
  2. 股間側から股関節側へ向けて、くぼみを撫で上げます。

※下半身との接合部にあるリンパ節のため、老廃物がたまりやすい部位です。慣れない間は強く痛む場合がありますので優しく刺激しましょう。老廃物の排出が進むと痛みが改善されていきますよ。

膝窩部(しっかぶ)

場所

ヒザの裏のくぼみにあるリンパ節です。

ほぐし方

  1. 人差し指と中指をそろえて、ヒザの裏のくぼみにあてます。
  2. ヒザの表部分へ向かって、円を描くようにほぐします。

※ふくらはぎのむくみが強く出ている人は下半身のリンパの流れが滞りがちなので膝窩部をほぐすとむくみ解消にも役立ちます。

スポンサーリンク