脱毛期間中にもし妊娠してしまったら?胎児への影響は?残っている回数はどうなる?

脱毛サロンへ通いたいけれど、もし妊娠してしまったら胎児へ悪影響があるのでは?と心配になるのは当たり前ですよね。

また、仮に脱毛サロンに契約したとしても途中で妊娠が発覚し、残りの回数が勝手に消化されてしまっては勿体ないですし、だったら通わない方がいいのかな?なんて不安もあることでしょう。

そこで今回は妊娠するかもしれない女性必見!!脱毛サロンでの胎児への影響やもしもの時に脱毛サロンとの契約はどうなるのかなど、妊娠中の気になる疑問をまとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の脱毛で胎児への影響はある?

結論から申し上げますと、妊娠中の脱毛で胎児に影響があることはありません。脱毛サロンの施術に用いられるレーザーや光は体内まで達するほどの物ではありません。

脱毛施術の光やレーザーは毛根にのみ働きかけるものですので、子宮の中のあかちゃんには一切影響を与えることはありませんので、安心してくださいね。

ただし、電気脱毛の場合は話が別です。電気脱毛は、時に痛みを伴うことにより子宮が収縮する可能性があり、流産や早産を招く危険性もありますので、電気脱毛の施術は受けない方が良いでしょう。

現在妊娠中で、妊娠に気づく前に電気脱毛に通っていた方は、念のため検診時に先生に話をしてみることをおすすめ致します。

妊娠中脱毛は通えないの?

先ほどの話の流れですと、脱毛サロンの光脱毛や、医療機関のレーザー脱毛を受けているから妊娠中も通えるわね?と思われてしまうと思いますが、ごめんなさい。残念ながら、妊娠をしたら光脱毛やレーザー脱毛を受けることは出来ません。

胎児に影響がないとしても、ご自分の身体に影響が出てしまうからなのです。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が今までとは全く異なり、その影響により、つわりが起こったり肌荒れを起こしたり、眠気が出たりとお母さんの身体は、その変化についていくだけでもかなりの体力消耗とストレスがかかります。

そんな中で、脱毛で長時間同じ体制を続けたり、薄着で施術を受けるなどの行為は危険としか言いようがありません。お母さんの身体の不調は、赤ちゃんの不調に繋がりますからね。

また、妊娠中はホルモンバランスが崩れることで、今まで気にならなかったヒゲが生えてきたり、ムダ毛が濃くなったりといった現象が起こります。

そのため脱毛効果自体を感じにくくなり、施術をしたとしてもホルモンの影響でまた生えてくるといった悪循環を生んでしまうため、脱毛の施術を受けること自体がNGになっているのです。

他にも妊娠中には、肌が敏感になり、ちょっとした刺激でも痛みを伴う場合や赤みを引き起こす可能性も高くなります。身体に異常がなかったとしても、精神的にも良くないですから、そういった意味でも妊娠中の脱毛は行うことが出来ません。

妊娠中の自己処理は?

妊娠中は、あまりムダ毛には敏感にならない方が良いです。ムダ毛が生えやすい時期なので、こまめに剃ってもすぐに生えてきてしまいますので。

ですが、旦那さんに綺麗に思われたい、出かける用事がある前は処理をしたいと思うのが女性ですからね。そういったときには、出来るだけ刺激が少なく安全なものを選ぶようにしましょう。

電動シェーバーが怪我をするリスクもなく、肌への刺激も少ないのでおすすめです。たまにしか処理をしない方ならば、除毛クリームもいいでしょう。

お腹が大きくなってからは、自分では体勢的にキツイときは、他の方の手を借りるなど無理をしないように配慮しましょう。

妊娠している間の契約はどうなるの?

妊娠中にも回数が消化されてしまっては、お金のムダになり困ってしまいますよね。でもそんなときのために多くの脱毛サロンで、妊婦さんのための制度が設けられています。一度通っている脱毛サロンへ問い合わせてみるといいでしょう。

回数消化が防げるので、これから脱毛サロンへ通いたいという方はしっかり妊娠した際の対策が行われている脱毛サロンを探してみましょう。

妊婦でも安心できるサロンが知りたい

妊娠後しばらくはホルモン状態が整いません。そのため今まで多少の痛みで済んでいた脱毛の施術が急に痛く感じるようになったという方も多いのです。

スポンサーリンク