バストアップに効果があるマッサージ法はコレ!分かりやすいやり方もご紹介

バストアップしたいと思っているけれど、サプリメントは高くて購入できないなんて悩んでいませんか?バストケア専門のサロンも増えてきていますが、料金も高いので利用するのにはハードルがありますよね。

そこで、本記事では、自宅でできる簡単なバストアップマッサージのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

マッサージでバストアップする理由とは?

雑誌やテレビ番組でバストアップ特集が組まれるときに必ずといっていいほど登場するバストアップマッサージですが、どうしてマッサージをすると胸のサイズが大きくなるのでしょうか。そこには胸の構造が深くかかわっているのです。

胸は1割が乳腺、残りの9割が脂肪細胞で構成されています。乳頭部分に集まっている乳腺は大胸筋へかけて伸びていき、クーパー靭帯で大胸筋とつながっていて、その乳腺の隙間を埋めるように脂肪細胞が存在しています。

女性にとって脂肪細胞というと太るのではないか?なんて心配をしてしまいがちですが、胸にある脂肪細胞はできた空間を埋めるだけでなく、胸に弾力を与えて乳腺を守る機能もあるので、とても大切な存在です。

では、どうすれば胸を大きくすることができるのでしょうか。その方法は大きく分けて2つあります。それは、乳腺を発達させる方法と脂肪細胞を増やす方法です。

乳腺の発達にはホルモンのひとつ、エストロゲンが必要となります。エストロゲンとは女性らしい体つきを作る働きがある女性ホルモンのひとつで、乳腺を発達させたり子宮内膜を分厚くして妊娠しやすい体をつくっていきます。

バストアップに関係するエストロゲンへのアプローチ法としては、ホルモン分泌に関係する食べ物を食べること、エストロゲンの働きを促すこと、そして、エストロゲンがより分泌されて乳腺が発達するように促すマッサージをすることの3つがあります。

エストロゲンは子宮から分泌されて血液中やリンパ液にのって身体の各部を巡りますが、その際、バストを構成する乳腺にも届き乳腺を刺激します。

ただ、日頃運動不足がたたっていたり、座り仕事が多くて上半身をあまり動かさない生活が続いたりする場合、どうしてもバストを含めた上半身の血流やリンパ液の流れが悪くなってしまいます。

そこで有効なのがマッサージです。肩からバスト、脇腹や背中にかけて広範囲にマッサージをすることで上半身の血流やリンパ液の流れを良くして、乳腺に栄養をいきわたらせたり、乳腺を刺激して発達させることができるのです。

また、バスト近く、特に鎖骨や肩の付け根、胸にはツボやリンパ節があるので、これらを刺激することでも乳腺にとっての刺激になりバストアップが図れます。

胸の9割を構成する脂肪細胞は乳腺が発達することで自然と増えていくのですが、食事などで脂質を多く含む食材を取ることでも増えやすくなります。

さらに、脇腹や背中側に流れた脂肪細胞はマッサージで前側に持ってくることで胸へと移動してムダな贅肉が胸の一部に変わっていきます。

そこで、ここからは乳腺を刺激するマッサージ、ツボやリンパ節を刺激するマッサージ、そして、脂肪細胞に働きかけるマッサージをご紹介しましょう。

乳腺を刺激するマッサージ

胸に張り巡らされている乳腺を全体的にマッサージする方法を見ていきましょう。

  1. 右手のひらを使って左の脇腹からバストにかけて優しく手を添わせて覆います。
  2. 右手の指をそろえたまま、ゆっくりとバストの横から下へ向けて手のひらを撫で下ろします。
  3. 右手のひらを両胸の中心部に引き上げます。このとき手首が上側に来るように滑らかに動かします。

1~3の流れを左右5回ずつ繰り返します。

スポンサーリンク