太ももの裏やふくらはぎのひどい埋もれ毛はどうすればいいの?埋もれ毛の原因と対策

綺麗なムダ毛がなく、すべすべの足になりたいと願う女性は多いですよね。ムダ毛はなんとか処理が出来ても、ポツポツの肌触りはなかなか対策が難しいですよね。

特に太ももの裏やふくらはぎはポツポツが現れやすい場所なので、悩んでいる女性は多いのでは?そんな悩みの原因を作っている元凶こそが“埋もれ毛”です。

今回はそんな埋もれ毛の原因や対策について徹底解説していきます。

スポンサーリンク

埋もれ毛ってなに?

そもそも埋もれ毛と言われても、ピンとこない方もいらっしゃいますよね。埋もれ毛は、埋没毛ともいわれ、皮膚の中で毛が埋まってしまっている状態のことを指します。

触ってみるとポツポツしており、良く見ると中に毛が生えているのが分かることでしょう。

皮膚の表面がプクっと浮き出ていて、触ると出来物のようになっているのが特徴です。

毛が生える部位ならば、どの部位でも埋もれ毛になる危険性がありますが、太ももの裏やふくらはぎは自分で見落としがちなので注意して見てみましょう。

埋もれ毛になる原因

実は、埋もれ毛が出来る原因のほとんどが“ムダ毛の自己処理”にあります。自己処理が原因だと言っても、二つ理由がありますので一つ一つ詳しくご説明していきましょう!

まず一つ目が、自己処理による“皮膚のダメージ”です。カミソリや電気シェーバーやピンセットをムダ毛の自己処理で使っている人は多いと思いますが、知らず知らずのうちに皮膚にダメージを与えています。

皮膚はダメージを受けると怪我をしたと解釈し、肌を守るためにかさぶたをつくります。かさぶたを作ることで毛が埋まり、角質が厚くなり、その結果埋もれ毛を招きます。

二つは、自己処理による“切れ毛”です。

部位によっては、カミソリよりもピンセットでムダ毛を処理した方がいい部分もありますよね!ピンセットを使って、途中で毛がプチっと切れてしまった経験はありませんか?この切れ毛こそ、埋もれ毛の原因になり得るのです。

途中で切れたことで毛の先端が尖り、出口である毛穴以外の皮膚に刺さり突っかかることで、そのまま埋まってしまうケースもあります。

普段何気なくしているムダ毛の自己処理が、ぶつぶつ肌の原因である埋もれ毛に発展させるなんて恐ろしいですよね。

埋もれ毛を放置するとどうなるの?

埋もれ毛は基本的に、皮膚の中で成長していく場合もありますし、停滞する毛もありますが、ターンオーバーを繰り返す我々人の皮膚は、新しい皮膚に生まれ変わる際に埋もれ毛が皮膚の表面に出てくるので、放置していても大丈夫です。

ただ中には、埋もれ毛を放置することで炎症を起こし、ニキビのような“毛嚢炎”になる場合もあります。毛嚢炎とは、ニキビのような赤いプツプツした出来物です。悪化すると膿が溜まり、熱をもったり痒みを伴うようになります。

また、毛嚢炎以外にも、黒ずみが皮膚に残る“色素沈着”を起こす可能性も高く、一度黒ずむと元の肌色に戻すことは難しいため、埋もれ毛を作らない・悪化させないように注意しましょう。

埋もれ毛は絶対にほじくらないこと

皮膚をほじくって埋もれ毛を出してしまう人が多いのですが、これは絶対にNGです。ほじくると皮膚にダメージがかかり、またかさぶたが出来ます。

かさぶたが出来ることで生えてきた毛は、再度埋もれるようになり、結果埋もれ毛を引き起こします。

自分で無理に処理をしても埋もれ毛は、エンドレスに繰り返しますし、皮膚にダメージがかかり酷い毛嚢炎になる可能性が高いため絶対にほじくるのは控えましょう。

埋もれ毛を早く治す方法

ムダ毛の自己処理が、埋もれ毛になる。埋もれ毛を処理すれば、毛嚢炎になる。ターンオーバーに任せると、2~3ヵ月程度かかる…。

じゃあ、埋もれ毛ってどうしたらいいの?と頭を抱えてしまいますよね。なるべく早く埋もれ毛を治すためには“ピーリング”と“保湿”をしてあげましょう。

ピーリングをすることで、ムダな角質がなくなり、埋まった毛が排出しやすくなります。スクラブでも大丈夫ですが、より肌に優しいピーリングの方がおすすめですよ!

また、出来るだけターンオーバーを早めてあげるために、しっかり保湿をしてあげましょう。肌の状態が良くなればターンオーバーの周期も早くなります。

スポンサーリンク