看護師の仕事中に腕や脇が気になるけど皆脱毛してる?ナースのムダ毛事情

白衣の天使と世の男性から絶大な人気を誇る看護師さん♡制服も可愛いし、患者さんのお世話をテキパキとこなす姿は、申し分なく綺麗で憧れちゃいますよね。

でも、そんな看護師さんに悩みを聞くと口を揃えて答えるのが「ムダ毛」だと言うから驚きだ。確かに患者さんとの距離が近いですから、なんとなく納得です。

そこで今回は看護師の脱毛事情について、ムダ毛処理の方法などを調べてみました。

スポンサーリンク

看護師はムダ毛を見られやすい

看護師さんの悩みの種である“ムダ毛”ですが、何故そこまで看護師さんたちが敏感になるかといいますと、見られる機会がとても多いからです。

看護師さんは、冬場でも半袖の人が多いですし手当をしたり、点滴をしたり、血圧をしたりと、とても患者さんとの距離が違いですよね。

だからこそ、ムダ毛を見られやすい環境にいるわけですし、女性が多い職場ですから同僚の目も厳しい世界ですからね。

スカートを着用する機会も多いですし、髪が長い人は束ねていなければなりませんし、今では男性の看護師さんも増えましたし、ドクターと関わる機会も多いですから尚更ですよね。

特に見られやすい場所とは?

看護師の人が見られやすいムダ毛の部位と、他の看護師さんがどんな場所を意識しているのかランキングにしてご紹介します。

1位 腕・手

やはり半袖を着用することの多い看護師さんが気にしている+見られやすい部位は、腕や手です。

病室などは、明るいですから余計目立ちやすいですよね。処置をされている部位って患者さんは良く見ますから尚更です。

2位 顔

どんな職業でも顔を見られるのは普通ですが、具合が悪くて来ている患者さんからすれば、お医者さんや看護師さんは頼れる存在!

だからこそ、しっかり顔を見てお話する機会が他の職業に比べて多くなるわけです。鼻の下や口周りは、特に注意しましょう。

3位 うなじ・首

髪が長い看護師さんは、まとめ髪にしなければなりませんよね。

他の仕事ならば、ムダ毛が気になるときは髪の毛で隠すという技も使えますが、看護師さんの場合はそれが出来ませんからね。しかも男性って、女性のうなじが好きな人が多いから実は良く見られています…。

首周りは自己処理が難しいですから、毛がボーボーなんてことにならないように注意しましょう。

その他にも足という意見もありましたが、最近はスカートよりもズボンを履いている看護師さんが多いので上半身に意見が集中する形になりました。

看護師はムダ毛処理が大変

ムダ毛を見られる機会が多い看護師という職業ですが、看護師は当番制で夜間勤めたり、昼間勤務だったりと生活スタイルが不規則で、校則時間も長いですよね…。

だから自己処理するのが大変だという声が多いですし、毎日半袖を着用しているため少しでも毛が生えている状態だと気になって仕事に集中できないことから、毎日自己処理をしなければ…とプレッシャーが、他の仕事に比べて強いですよね。

知ってほしい!自己処理の危険

そんな毎日ムダ毛処理する看護師さんに知ってほしいことがあります。それは“自己処理のリスク”です。カミソリを使う自己処理は、デメリットが多く存在するのです。

後々後悔しては遅いですから、まずは自己処理のリスクを知ることから始めましょう。

カミソリ負け

ムダ毛処理をすると肌へ目に見えない傷がつきます。肌が弱っているときに、またムダ毛の処理をすると傷が蓄積され、カミソリ負けを起こしやすくなります。

カミソリ負けの症状としましては、赤みや痒み、傷などで、特に敏感肌の人は引き起こしやすいです。

乾燥肌

カミソリで皮膚表面を傷つけると、お肌の潤いが失われ乾燥肌に傾きがちになります。自己処理を続けていると、慢性的な乾燥肌になる可能性もあります。

埋没毛

埋没毛は、自己処理で傷ついた肌に新しい皮が形成され、毛穴が塞がってしまいムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまう症状です。見た目も良くないですし、プツプツ肌の原因となります。

毛が太くなる

自己処理を続けていくことで毛穴が広がっていきます。その毛穴の大きさに合わせて、毛も太くなっていくため、自己処理を続けると毛が濃く見えるようになります。

肌が黒ずむ

カミソリや毛抜きで自己処理をすると、肌にダメージがかかり、老廃物がどんどん蓄積されていきます。老廃物が溜まると、色素沈着を起こし、肌がどんどん黒ずんでいきます。

軽い色素沈着であれば、処理をしなくなるうちに回復していきますが、酷くなると消えなくなるので注意が必要です。

看護師さんにおすすめのムダ毛処理法は?

自己処理は、肌へのダメージが高く危険性が高いことが分かっていただけましたか?

出来るだけダメージを与えないように電動シェーバーや除毛クリームを使っているという意見もありましたが、カミソリよりはダメージは少ないもののリスクは変わりませんからね。

他の看護師さんはどうしているのか徹底的に調べた結果、多くの看護師さんが”脱毛サロン”へ通っていることが分かりました。

脱毛サロンでムダ毛を綺麗になくすには、それなりに時間がかかりますが、毛周期に合わせて通うため2~3ヵ月に1回ですから、仕事が忙しくプライベートの時間を割く暇がない看護師さんでも無理せず通うことが可能ですよ♪

脱毛サロンへ通う方が、結果手間なし

ムダ毛をほとんど気にならなくなるには、部位や濃さにもよりますが、最低12回程度は通う必要がありますが、通うことで確実にムダ毛は目立たなくなっていきます。

自己処理の回数は数回目から格段に減ったと自覚するようになりますよ。

長いこと自己処理を続けていくと、肌トラブルが起きて、取り返しがつかないことになりますから、早めにプロにお願いするのが吉です。

スポンサーリンク