加齢からくる垂れはバストアップの大敵!今からできる対策とは

困る女性

自分に合うブラジャーをつけていると、胸の形がとても綺麗に見えますし、バストをしっかり守ってくれます。実はクーパー靭帯の損傷には、合わないブラジャーをつけていることも密かな原因なので、今一度、ブラジャーの見直しをおすすめします。

血行をよくしよう

どうせクーパー靭帯も切れているし、大胸筋も衰えているから、無理でしょ…と諦めている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

バストにしっかり栄養やホルモンが届けば、ケア次第で、いくつになっても綺麗なバストを目指すことは夢ではありません。

ですが、多くの女性がデスクワークや運動不足などの影響で血行が悪くなり、バストへ十分な栄養やホルモンが行き届いていないのです。

定期的に肩周りを動かしたり、マッサージでリンパを押してみたり、締め付ける服装をしないなど意識をして、胸周りの血行をよくするよう努めてみてください。

激しい運動時はスポーツブラ着用

激しい運動をすることで、クーパー靭帯が切れたり、伸びたりすることが今回分かりましたよね。これを防止するために効果的なのがスポーツブラです。

スポーツブラは、フット感が良く、程よい締め付け感があるので、激しい運動をしたとしても胸を上下左右に揺らすことがありません。

ですので、ランニングなどを健康のために取り入れている方はスポーツブラを付けて行うことがおすすめです。

寝るときにはナイトブラを

通常のブラジャーは立っているときや座っているときの空力からバストを守るときに適している設計です。ですので、寝ているときの横向きや仰向けには適しているとは言えません。寝るときには、ナイトブラで垂れるのを防ぐのが正解。

今では、多くの種類のナイトブラが販売されており、育乳効果も期待できるものもあります。また、成長ホルモンが分泌される22時~2時の間に睡眠を摂ると尚良いです。

女性ホルモンを増やす生活をしよう

年齢と共に減少する女性ホルモンの対策として、女性ホルモンを増やす生活をしましょう。

食事には、女性ホルモンと似た働きをもつイソフラボンや胸の脂肪のみを増やしてくれるボロンといった成分がおすすめ。代表的な食品としては、納豆や味噌、豆乳などの大豆製品やキャベツやレーズン、海藻などです。

また、規則正しい生活や質の高い睡眠、適度な運動を心がけることが女性ホルモンを分泌させるカギです。

ストレスは厳禁

ストレスと女性ホルモンの分泌は密接な関係があります。ストレスを抱えると女性ホルモンの分泌を妨げる原因になるからです。

アロマやマッサージやエステなどでリラックスさせる時間を作り、趣味を充実させることもストレス解消につながるのでおすすめです。

コラーゲンを摂取しよう

年齢とともに減少するコラーゲンですが、クーパー靭帯の元ともなるので、積極的に摂ると良いでしょう。今残っているクーパー靭帯の補強にも繋がりますからね。

コラーゲンが多く含まれている食品としては、鶏の皮、手羽先、豚バラ肉、魚の皮、うなぎ、エビなどです。

姿勢を正そう

スマートフォンが普及している現代、知らず知らずに前かがみになっている方が多いです。特に仕事もデスクワークだという方は危険信号!

姿勢が悪いと、血行も悪くなりバストへ十分な栄養が回らなくなりますし、さらにバストが小さく見えてしまうので注意が必要です。

慣れるまでは姿勢を正すのは疲れますが、自然と大胸筋も鍛えられ綺麗なバストに変化していくのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

垂れてもバストアップは十分可能!

クーパー靭帯の損傷や女性ホルモンの減少、大胸筋の衰えが、バストの下垂の原因だということが分かりましたね。

どれも加齢と関係しているので、諦めてしまいがちかもしれませんが、今からでも十分バスト位置を上げることは可能ですし、バストアップも可能です!

今回ご紹介した対策・改善法は、コストがかからずに日常生活にちょっとした意識をプラスするだけでできる簡単バストケアですので、諦めずにぜひ試していただきたいです。

唯一クーパー靭帯の破損に関しては、元に戻すことは出来ませんが、大胸筋を鍛えることでカバーすることが出来ますので、ご安心を。

今ではバストケアアイテムも多く販売されており、サプリやマッサージジェルなど種類は様々なので、まずは手始めにバストケアアイテムを取り入れてもいいかもしれませんね。

一番重要なことは、継続することなので、あなたに合うバストケア法を見つけて上手に垂れ対策してみましょう!

スポンサーリンク