産後どうしてバストがしぼむの?バストアップできる方法はある?

考える女性

妊娠をするとバストが大きくなりますが、授乳が終わると元のサイズに戻ってしまうものですよね…。

むしろ、ハリがなくなって妊娠前より小さいかも!?しぼんだ!?なんて感じることもしばしば。「妊娠したら仕方ないよね~。こういうもんだよね!」なんて諦めていませんか?

確かに胸がしぼむのは女性の身体の仕組み上、仕方ないと言えますがバストのしぼみやたるみは、十分ケアが可能ですし、産後のバストアップだって努力次第で出来ます!

そこで今回は、産後に胸がしぼむ理由や改善法、バストアップ方法を伝授します。

スポンサーリンク

妊娠・出産後のバスト変化

妊娠している10ヶ月間の間で、平均2カップ程度バストサイズがアップすると言われています。何故バストが大きくなるかと言いますと、女性ホルモンの影響が原因です。

妊娠中は子供を育てるために通常の数十倍もの女性ホルモンが分泌されるとも言われているほどで、妊娠によって増えた女性ホルモンが乳腺の発達を促し、バストを大きくします。

このまま豊満なバストをキープできれば良いのですが、出産・授乳を終えたると、女性ホルモンの分泌は通常に戻りますので、乳腺が小さくなり、自然とバストの脂肪も減少していくのでバストも小さくなっていきます。

産後にどうして胸がしぼむの?

胸が小さくなるのは、100歩譲って仕方がないとしても、しぼんで形まで悪くなるのは嫌ですよね。産後に胸がしぼむ原因を女性ホルモン以外の観点から見ていきましょう。

胸の皮膚が伸びた

妊娠中に胸が大きくなるということは、胸の皮膚が伸びているということ。分かりやすく言えば、太っていた人がダイエットしても、皮だけ残ってしまうのと同じ現象です。

皮が残って垂れてしまうので、しぼんだような胸に見えてしまいます。

授乳の影響

赤ちゃんに授乳するときは、抱きかかえた姿勢ですので、下向きに引っ張られている状態です。胸は記憶形状するものですので、それにより胸が全体的に垂れてさがってしまいます。

姿勢が悪い

子育て中は、気づけば前かがみの姿勢が多いですよね。姿勢が悪く身体が歪んでしまうと、リンパの流れは悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。

それに加えバストへ栄養が流れにくくなるため、バストにハリがなくなりしぼんでしまいます。

クーパー靭帯の損傷

バストを支える組織をクーパー靭帯と呼びます。クーパー靭帯は一度切れたり、伸びたりしてしまうと元には戻らない組織です。

妊娠を気に急激に成長したバストは、皮膚や細胞に想像以上のダメージを与えており、バストを支えるクーパー靭帯の損傷に繋がります。クーパー靭帯が損傷することで、バストのハリが失われ、しぼみや垂みに繋がります。

バストの支えがない

授乳中は、どうしても授乳しやすいブラジャーを優先してしまいがちで、バストのホールド力にこだわる方は少ないですよね。ですがこれが、垂れ乳・しぼみ乳の原因にも…。

ブラジャーの役割は、しっかりバストを支えることですよね。つまり支えがなくなったブラジャーは、重みに負けて垂れ、背中やお腹などにお肉が流れてしまうのです。

産後の胸のしぼみには個人差がある!?

実は産後の胸のしぼみには個人差があるのです。バストは大きく分けて、乳腺質と脂肪質という2タイプに分けることが出来ます。

乳腺質のバストは、乳腺が多く、バストは比較的固めで弾力があり、垂れにくい特徴があります。

脂肪質のバストは、乳腺の数に比べ脂肪が多く、柔らかく弾力感は少ないため、垂れやすい特徴があります。日本人女性の多くが脂肪質だと言われており、欧米人女性は乳腺質の方が多いです。

ただし、乳腺は努力次第で発達させることが可能ですので、個人差があるからと諦めるのは勿体ないです。

産後のしぼみ・たるみ改善法

産後のしぼみやたるみは、愛する我が子を産んだ証でもあるので愛おしくもありますが、どちらかと言えば綺麗なバストをキープ出来た方が嬉しいですよね。そこで産後のしぼみやたるみの改善法をご紹介します。

大胸筋を鍛えよう

大胸筋は、胸周りの筋肉で、胸の脂肪や乳腺、クーパー靭帯までもを支えている大きな筋肉です。

日常動かすことが少ないため、衰えやすい筋肉ではありますが、大胸筋を鍛えることで強い支えが出き、しぼみがちなバストがしっかり上向きになっていきます。

大胸筋は、ダンベルや腕立て伏せで鍛えることが出来ますが、筋トレが苦手だという女性は、両手の手の平を手の前で合わせて力を加える(15秒)合掌のポーズを試してみることおすすめします。1回15秒を5回、1日3セット行うと効果的です。

姿勢を良くしよう

姿勢が悪いと、しぼむ原因になるとお話しましたね。姿勢を良くすることで大胸筋も鍛えられますし、意識的に姿勢を整えることで歪み防止に繋がり老廃物が溜まりにくくなるので、始めは辛いかもしれませんが、頑張ってみてください。

肩甲骨ベルトや猫背防止ベルトなども販売されているので、難しい方は試してみるといいですね。

自分に合ったブラは必須

ブラジャーの採寸を定期的にプロにお願いしていますか?また、妊娠・授乳後のバストは妊娠前とは形が異なるので、今までと同じブラジャーでは胸をしっかり守ってはくれません。しっかりプロに見てもらい、自分の胸にフィットするブラジャーを購入しましょう。

また、付けられるからと同じブラジャーを長期間使うのも、おすすめ出来ません。ブラジャーのカップが崩れてきたり、アンダーがよれていたりなど少しでもくたびれてきていたら、サポート力が弱まっている証拠なので替え時。

ナイトブラを付けよう

ナイトブラの役割は、寝ている体制にしっかりフィットしてバストをサポートするというもの。

どうしても胸が苦しいからと妊娠中はブラジャーを着けていない人も多いかもしれませんが、しぼみがちなバストを更に深刻化させる原因になるので、寝るときはサポート力がありながらつけ心地の良いナイトブラがおすすめです。

産後のバストアップ法5選

産後小さくなってしまったバストを大きくするなんて無理でしょ?いえいえ、バストはいくつになっても努力次第で育てることが可能ですか!産後のバストアップ法を5つご紹介します。

育乳ブラを付ける

ブラジャーはただ胸を支えるだけでなく、ブラジャーによっては特別な機能が備わっています。

スポンサーリンク