バストアップしたい女性必見!理想の形を手に入れる5つの秘訣

耳打ちする女性

なぜなら、マッサージで血行が良くなるとバストに必要な栄養やホルモンがバストに届きやすくなり、乳腺や女性ホルモンの分泌も活性化させるからだと言われています。

ワキの下にあるリンパやデコルテのリンパは、意識をしなければ溜まりやすく、老廃物がとても詰まりやすいので、ここも一緒に流してあげると尚良いです。

バストマッサージのコツ

外から内へ、下から上へ流すようにマッサージしましょう。力が強いとクーパー靭帯を切ってしまう恐れがあるので、優しい力で行いましょう。

胸だけでなく、ワキの下や鎖骨周りも揉みほぐすようにしてくださいね。何も付けない状態ですと、皮膚を痛めるので、オイルやクリームを使いましょう。

出来れば、お風呂上がりなどの身体が温まっているときに行うと高い効果が期待できます。

自分に合うブラジャーを付けよう

形が崩れる大きな原因として、ブラジャーが合っていないことがあげられます。ブラジャーは、胸の表面を守るだけでなく、優しくバストをホールドすることでバストの垂れをも防ぐ役割を担っているのです。

ブラジャーには様々な種類がありますが、異なるのは色やデザインだけでなく“機能”が異なります。

内側に寄せてくれるブラジャーや胸上部にボリュームを与えてくれるブラジャーなど理想の形に合わせてブラジャーを選ぶと、形が胸に記憶形状されて理想的なバストに成長してくれます。

胸が小さいことがお悩みの方は、分厚いパットに頼りがちですが胸を圧迫して発育には逆効果なので、育乳ブラを着けることをおすすめします。

睡眠時や運動時は、昼間と同じブラジャーではなく、そのシーンに合ったブラジャーを選びましょう。

まず、運動時におすすめなのがスポーツブラです。スポーツブラは、強力なフット感があり、胸を揺らさない設計になっています。着脱がちょっぴり面倒ではありますが、バストの垂れやクーパー靭帯を守ってくれます。

睡眠時にはナイトブラが適しています。睡眠時は、寝返りを繰り返しますし、横向きや仰向きの体制が多いため、ブラジャーの中でバストは様々な形に姿を変えています。つまり支えているようで支えていない状態というわけです。

ナイトブラは、締めつけ感や不快感がなくつけ心地が良いのに、バストが背中やワキに流れるのを防止する設計になっているので、夜のわがままバストの素敵なナイトになってくれることでしょう♪

大胸筋を鍛えよう

乳腺、脂肪、クーパー靭帯を支えてくれる大胸筋は、バストのハリ感にとても重要な筋肉です。クーパー靭帯は年齢とともに衰えてしまいますが、大胸筋なら鍛えることが可能ですし、クーパー靭帯の穴をしっかり埋めてくれる存在です。

大胸筋を鍛えすぎたら、男性みたいにマッチョになるの?と心配な方もいらっしゃると思いますが、ご安心を。胸は上向きになりますが、あそこまで筋肉が前に出てくることはありません。

大胸筋を鍛えるためには、日頃姿勢を正したり、重い物を身体から離して持ったりといった動作がおすすめです。筋トレが苦手でなければ、腕立て伏せやダンベルもいいですね。

規則正しい生活習慣

規則正しい生活をして、バストとどんな関係があるの?なんて笑っていたらだめですよ(笑)

バストアップに必要な女性ホルモンと乳腺は、バランスのとれた食事と質の高い睡眠が必要不可欠!人間の身体は食事から出来ているということは、バストアップに必要な栄養も、もちろん食べ物からです。バランスの良い食事を摂ることで、女性ホルモンも活性化されますからね♪

身体をつくるタンパク質や女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン、クーパー靭帯の元となるコラーゲンをバランスの良い食事にプラスすると尚良いです。

睡眠が十分にとれていないと、ストレスも溜まりますし、疲れやすくなりますよね。女性ホルモンは、ストレスに弱く、睡眠不足の状態が続くと分泌が著しく悪くなります。

女性ホルモンが分泌されなければ、バストが大きくならないどころかハリ感がなくなり、小さくなり垂れてきます。出来るだけ22時~2時の間には寝るように心がけましょう。

バストアップサプリに頼ろう

バストアップサプリには、バストを大きくする成分やハリ感を与えてくれる成分、血行を良くしてくれる成分など理想的なバストに導く成分がたくさん含まれています。

日常ではなかなかあれもこれもは出来ないし、バストケアしたいけれど面倒だという方にぴったりです。

サプリ+マッサージを行うことで相乗効果が高まり、高い効果が期待できるので、セットになっているバストケアアイテムを選ぶのもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

バストの理想の形やバランスの良いバストの条件などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

バストの形やバランスは、加齢とともに崩れてしまうので、早め早めの対策で綺麗なバストを出来るだけキープできるようケアしてみましょう。

垂れてしまったからと言って諦めず、自分に合うブラジャーやマッサージ、サプリなどで上手にケアしてみてくださいね。

スポンサーリンク