女性ホルモンがバストアップのカギを握る?ホルモンがもたらす効果とは?

女性マークに置かれた薬

美容外科は美容のプロですから、女性ホルモンを注射するのではなく、女性ホルモンと似た効果のある注射をチョイスしてくれることもあるので、相談してみてもいいかもしれませんね。

ストレス解消

ストレスは自立神経を乱すため、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。ただでさえ繊細な女性ホルモンですから、ストレスは厳禁というわけですね。

忙しい毎日だとしても、1日のうちに少しでもストレスが解消できる時間を作ってみるといいですね。

ちなみに女性ホルモンが活性化されやすいストレス解消法と言えば、アロマや適度な運動、入浴などです。

アロマの種類のイランイランやクラリセージには女性ホルモンの分泌促進効果が期待できますし、適度な運動は、気分転換がしやすく自立神経を整えるに適しています。

入浴することで体温を高め血行を良くしてくれるので、ストレス解消しながらバストアップに効果的だと言えます。入浴中にアロマを焚いてもいいですね♪

良質な睡眠

睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ、うまく女性ホルモンが分泌できなくなります。また、睡眠はストレス解消にも効果的なので睡眠不足が続くとイライラしやすくなります。

質の高い良質な睡眠をとることで女性ホルモンが整いますので、睡眠の質にもこだわってみましょう!

睡眠の質を高めるポイントは、寝る前にブルーライトを浴びないこと、寝る前の2時間前には食事を済ませる・自分に合う枕を使うなど心がけてみましょう。

NGリスト

  • 喫煙
  • 過度なダイエット
  • 身体を冷やす

身体を冷やしてしまう行為は、バストアップには逆効果ですし、女性ホルモンの分泌も妨げます。

喫煙も血行不良の原因になりますので、出来れば吸わないのがベター。ヘビースモーカーの方は、ストレスを溜めない程度に減らすことをおすすめします。

また、過度なダイエットは、ストレスをためやすいですし、バストへの栄養が足りなくなるデメリットがあります。脂肪が9割で出来ているバストにはダイエットは宿敵と言えます。

スポンサーリンク

サプリメントも手軽でおすすめ

手軽に栄養補給が出来ると人気のサプリメント。もちろん女性ホルモンに効果的なサプリメントは、数多く出ています。

ドラックストアやコンビニなどでも購入が出来る、イソフラボンやプエラリアを飲んで女性ホルモンを整えるのも良いですし、初めからバストアップを謳っているサプリメントを選ぶのも手です。

バストアップがしたいと悩む女性が多い日本は、驚くほどのバストアップサプリが開発され発売されています。成分はサプリごとに様々ですが、基本的には女性ホルモンを増やし、バストアップに期待が出来る成分が含まれているものが多いです。

ただし、サプリの合う・合わないには個人差がありますので、すぐに2サイズ大きくなる人もいれば、3ヶ月飲んでも変化がないと答える方もいるので、100%の効果は約束できませんが、試してみるのも選択肢の一つです。

誤った摂取法は絶対止めましょう

バストアップサプリは、とても人気がありますが、一歩間違えると身体に害を与えてしまうリスクもあります。

中には、サプリメントを飲んで不正出血が起こったり生理不順になったとの声があるのです。

国内で作られている製品は、厳しい審査のもと作られているのに、なぜこのような問題が起こってしまったかというと、消費者の飲み方に問題があったのです。

バストアップがしたいからと、容量を守らずに飲んだ結果、取り入れる女性ホルモンの量が多くなりすぎて身体に異常が起こってしまったわけですね。

生理不順や不正出血ならば、改善が出来ますが、乳がんや子宮体がんなどの病気になってしまってからでは遅いですからね。

サプリを飲むにしても、女性ホルモンを増やす食事にしても、増やしすぎは注意が必要です。

まとめ

バストアップと女性ホルモンの関係性と、それぞれのホルモンの働きがどうバストアップに影響するかが分かっていただけましたか?

女性ホルモンを増やすことで、バストを形成する乳腺の発達が期待できるわけですが、女性ホルモンはストレスや自立神経の乱れに弱いため上手にコントロールする必要があります。

美容外科やピルなどの方法もありますが、出来れば食生活や睡眠などの生活面から改善し、自然と分泌させるのが健康的だと言えます。

サプリメントに関しては、本来は栄養を補う健康補助食品なので、飲み方に気をつけてうまくバストアップのパートナーにすれば心強いですよ!いくつになっても、バストアップは可能なので今日から頑張ってみませんか?

スポンサーリンク